「映画の中のひろしま」をテーマにした4回シリーズの講座が船越公民館で開催されました。
司会をする船越公民館の寺尾さん(左)
第一回 映画監督 神酒 大亮さん(中) 「映画を作るということ」
第二回 元「月刊レジャー広島」編集主幹 久村 敬夫さん(右)「ひろしまにおける映画の昭和史」
第三回 サロンシネマ・シネツイン代表取締役社長 蔵本 順子さん(左)「映画の中のひろしまの心」
第四回 映画「ヒナゴン」プロデューサー 門田 大地さん(右)「地域とともに作る映画」